葬儀での感染症対策の現状

コロナで亡くなった方の火葬

コロナで亡くなった方の火葬の写真

柏市での葬儀ならグランドセレモニーがオススメ。低価格で豪華な家族葬で評判の葬儀社です。
https://www.grandsougisya.co.jp/kashiwa.html

現時点でコロナに感染していると診断された方には、完治するまで家族であっても面会を許されていません。また、亡くなった場合、感染拡大を防ぐために家族も顔を合わせることを許されず、火葬して遺骨となって帰宅するケースも少なくありません。通常、火葬は蘇生する可能性のある24時間が経過するまでは認められていません。しかしながら、新型コロナを含む感染症で死亡した場合は、死亡後24時間以内であっても火葬が認められます。

葬儀の規模を小さくする

葬儀に参列する人数が増えると、感染症のリスクが懸念されます。そのような場合は、家族葬など人数の少ない葬儀への変更を検討してみてはいかがでしょうか。たいていの葬儀社は「一般の葬儀を検討していたが、家族葬に変更したい」「家族葬をしていたが、遠方の親族が来なくなったので、一日葬にしたい」などのご要望にも柔軟に対応しています。

移動中の感染対策をする

葬儀に参列するために遠方から人が集まる場合、移動中に感染するリスクがあります。かならず葬儀に参列しなければならない場合は、必ずマスクを着用し、手の消毒をして感染を防ぐようにしましょう。葬儀が近場で行われる場合は、公共交通機関を利用せずに移動することをおすすめします。乗用車を利用したとしても、必然的に閉鎖的で混雑した近場での移動になります。同乗者が無症状であっても、窓を開けてなるべく離れた場所に座るようにしましょう。

できるだけ参加しない

葬儀の参列者が移動中や大勢の人が集まる場所で感染することに不安を感じる場合は、参加しないことを選択すべきです。不安を感じながら葬儀に参列すると、故人は喜びません。自分の身の安全を第一に考えるべきです。感染予防のために長い間外出を避けてきたあなたですが、たった1日の葬儀に出席しただけで感染してしまったら、あなただけでなく家族も苦しい思いをすることになります。

葬儀においてマスクを着用することはマナー違反ではありません

感染予防のためや体調が悪い時にマスクを着用することはマナー違反ではありません。現在はマスクをしない方がマナー違反と言われる可能性が高いです。葬儀をする側も含めて全員がマスクを着用してこそ、安心して故人を見送ることができるのです。自分だけでなく、人を守るためにもマスクを着用しましょう。